ICLを入れた場合でも老眼になったら老眼鏡が必要

ICLを使って視力回復や近視の矯正をしても、老眼の対応に変わりはありません。
一般的な老眼と同じように、近くを見るためには老眼鏡などが必要です。

老眼になった後で視力矯正をした場合は、多焦点眼内レンズが選択肢となります。

ICLを受けた人でも老眼になる

ICLは近視矯正として用いられる手術となっています。
老眼用の治療ではないため、老眼になったときは一般的な老眼と同じ対応が必要です。

早い人は40歳前後、遅い人でも50歳を超えると老眼の症状が出ると言われています。
「加齢で目の調節力が衰える」のが老眼なので、ICLを入れても避けることはできません。

 
老眼の対応としては、近くを見やすくする「老眼鏡」を使うことが一般的です。
近視(視力が低い人)の場合は、「遠近両用メガネ」が用いられることもあります。

後述する通り、老眼に対応した「多焦点眼内レンズ」による視力矯正も可能です。

ICLを受けられるのは45歳まで

ICLの対象となっている年齢は、21歳〜45歳までです。
視力を上げる(遠くを見る)ための技術なので、老眼になった後では必要ありません。

40歳を超えた後にICLを入れた場合は、老眼鏡が必要になる可能性もあるとされています。
40歳以上でICLの検討をしている方は医師とよく相談することが重要です。

また、ICLを製造しているスターサージカル社のサイトにも、同様の注意書きがあります。

ICL治療は老眼を治療するものではありません。
老眼がはじまる、大体40歳以上の患者様は、術前近視のため老眼鏡が必要なかった場合等、治療後あらたに老眼鏡が必要になる場合があります。

ICLの費用を回収できるのは35歳〜40歳が目安

ICLは初期費用が高額ですが、維持するための費用はかかりません。
つまり、長く使えば使うほど費用対効果(コストパフォーマンス)が良くなります。

毎月4000円・年間48000円の維持費がかかるソフトコンタクトレンズと比較すると、約10年〜13年ほどでICLの費用メリットが出る計算です。

老眼になるまでの年齢を考慮すると、35歳までを推奨・遅くても40歳までにはICLを入れた方が良いと考えられます。

ICLの費用は70万円前後、コンタクトレンズの維持費と比較

ICLの費用は60万円前後、コンタクトレンズの維持費と比較

2019-01-27

老眼になった後の視力矯正

年齢によっては、老眼も考慮した矯正方法がおすすめです。
「多焦点眼内レンズ」を用いると、近くと遠くを1つのレンズで見ることができます。

目の中にレンズを入れるという点はICLと同じですが、手術内容や技術が異なります。
老眼になったあとの視力矯正については、眼科の先生に相談しましょう。

ICLを提供しているクリニックでは、多焦点眼内レンズを提供していることもあります。
東京都内のクリニックは以下の記事で紹介しています。

ICLクリニックの選びかた(立地・保証・費用など)

ICLクリニックの選びかた(立地・保証・費用など)

2019-09-01

ICLと老眼について まとめ

  • ICLを入れても老眼は起きる
  • 老眼になった場合は老眼鏡などで対応する
  • 40歳を超えるとICLはおすすめしづらい
  • 老眼でも使える視力矯正は「多焦点眼内レンズ」

 

関連記事

⇒【適応検査の体験談
⇒【手術当日の体験談
⇒【ICL 10ヶ月後に感じたメリット
⇒【ICL 光の輪の見え方について
⇒【ICL・コンタクトの費用比較


ICLクリニックの比較

都内にあるICLが受けられるクリニックをまとめました。
料金はもちろん、各クリニックの特徴や公式サイトなども紹介します。


コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。