ICL の光の輪、術後10ヶ月で慣れた感覚について

ICL 手術のデメリットとして、
「光の輪が見える」という点があります。

私が手術を受けてから10か月経過し、
光の輪にも慣れてきたと感じていますので
現時点での感覚をまとめました。

ICL 手術後に見える光の輪(リング)について

光の輪には慣れる

結論から述べると、
光の輪には慣れて気にならなくなります。

完全に見えなくなるわけではなく、
意識しなくなるという表現が正しいです。

ただ「慣れる」と言われても
不安になってしまうかと思いますので、
いくつかの例えを紹介します。

光の輪を例えるなら……

慣れた感覚を伝えるのは難しいのですが、
例えるとすれば次の例が挙げられます。

例1: 自分が歩くときの足音

日ごろ外を歩くときには、
少なからず足音が発生しているはずです。

靴の種類や路面にもよりますが、
スニーカーなどであれば音自体も小さく、
意識しないと気にならないと思います。

「意識しないと気にならない」感覚が、
まさに光のリングの感じ方に近いです。

例2: 外を走るときの風の音

屋外の風速が強くなかったとしても、
外を走ったときには風の音が聞こえます。

音に集中すると「風」が聞こえますが、
音に集中しながら走ることは少ないです。

光のリングも同じで、
リングの存在自体に慣れてしまうと
あえて意識しない限りは気になりません。

例3: 眼鏡のフチ

音ばかりで例えても分かりづらいため、
視界でも一つ例えを出してみました。

メガネを掛けたときには
視界の隅に眼鏡のフチが見えますが、
意識しない限りは気にならないはずです。

また、ICL の光の輪については
条件が揃うと見える場合があるだけで、
常に視界に存在するわけではありません。

他のデメリットも要チェック

ICL には他にも注意点があります。

私が手術後に気になったのは、
光のリングの存在よりも
手元の見え方の変化についてでした。

手元や近くの見え方については
別記事で詳しく書いておりますので、
気になる場合は合わせてご確認ください。

ICL 手術の直後は手元や近くのものが見えづらい

ICL 手術の直後は手元や近くのものが見えづらい

ICL を受けた場所について

私が実際に ICL を受けた場所は、
神戸神奈川アイクリニック です。

適応検査は無料で受けることができ、
その際に ICL・レーシックに対する適性も
詳しく教えてもらうことができます。

不安があれば事前に相談ができるため、
視力矯正が気になっている方は
足を運んでみることをオススメします。

関連記事

⇒【ICLを受けてよかったこと
⇒【ICL・コンタクトの費用比較
⇒【ICL後に貰える患者カードとは

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。