ICL 手術後に貰える患者カードにはレンズの情報が満載

今回は、ICL ユーザのみが持っている
患者カードについて紹介します。

ICL の患者カードとは、
目の中にあるレンズの詳細情報や、
シリアルナンバー等が記載されたものです。

⇒【ICL 事前検査の体験談
⇒【ICL 手術当日の体験談

ICL 患者カードとは

私が ICL 手術を受けた
神戸神奈川アイクリニック では、
手術後に患者カードを受け取ります。

クレジットカードなどと同じサイズで、
裏面には詳細情報が記載されています。

ICL 手術後に貰える患者カードにはレンズの情報が満載

 
両目に対して手術を行ったため、
左目用と右目用で合計2枚貰いました。

特に利用シーンはありませんが、
ICL に関する詳細情報が必要となった際は
患者カードで確認することができます。

ICL 患者カードの内容

患者カードには
使用したレンズ情報を始めとして、
以下のような情報が記載されています。

ICL 手術後に貰える患者カードにはレンズの情報が満載
  • 手術日
  • レンズの種別
  • レンズの度数
  • レンズの全経サイズ
  • 光学部分の直径サイズ
  • シリアルナンバー
  • 右目・左目の種別

ホール ICL の最新版「EVO+ Visian ICL」

私が目に挿入したレンズは、
Staar Surgical 社の「EVO+ Visian ICL
と呼ばれる製品です。

従来の製品よりも
レンズ部分が拡大されているため、
夜間の見え方が向上するとのことでした。

ただ、私は EVO+ しか経験していないため
従来製品との違いは分かりません(笑)

レンズは基本的に選べない

ICL 手術を受けると決めた後、
病院側でレンズを選定してもらいます。

近く(遠く)を見る機会が多い、など
個人的に重視するポイントがある場合は、
事前検査の診察時に伝えましょう。

なお、ICL レンズには複数の世代があり、
現在は前述の EVO+ が主流とのことです。

ICL 患者カードのまとめ

  • ICL ユーザには専用のカードがあります
  • 左目、右目で合計2枚受け取ります
  • レンズの詳細情報が記載されています

 
特に使い道はないカードですが、
レンズの詳細を記録したカードですので
念のため大切に保管しています。

関連記事

⇒【適応検査1回目
⇒【適応検査2回目
⇒【手術受付~本番まで
⇒【手術本番~その後の流れ
⇒【手術翌日の検査と行動制限
⇒【運転免許の手続きについて
⇒【手術1週間後の検査

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。